松屋飯

悪魔図鑑へようこそ・・・

真・女神転生 悪魔図鑑
ニュース

戦争勃発 ロシアVSウクライナ まとめ

ロシアVSウクライナ
スポンサーリンク

2022年、人類の歴史にまた戦争の一ページが追加されました。

一連の流れ

2022年2月22日

ロシアのプーチン大統領が、ウクライナ東部で親ロシア派勢力が支配する地域の独立を承認。

簡単に言えば、ウクライナの一部をロシアが侵略した後、勝手に独立国家としてロシア側の国として承認した。事実上、ウクライナ領土の一部をロシアの管理下に置こうとする動き。

国際的に通用しない独自の判断で世界から批判を浴びる。

ウラジーミル・プーチン

プーチン

正式名称はウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン。

1952年10月7日 生まれ 現在69歳 

ロシアの政治家、KGBの元諜報員。

2000年から2008年まで、2012年から2022年現在までのロシアの大統領。
(大統領任期は連続2期までと定められていたため、一度、大統領の座を降りる。)

2000年に大統領に就任して以降、20年にわたり権力を握り続けている。

 任期は当初4年であったが、2008年の憲法改正により任期は6年に延長され、2012年ロシア連邦大統領選挙の当選者(プーチン)から適用された。3選禁止で、連続就任できる上限は12年。

現在2期目(通算4期)で2024年に任期満了を迎えるはずだったが・・・
2020年3月10日にロシア連邦議会下院は大統領任期の制限撤廃を盛り込んだ改憲案を承認したため、プーチン大統領は再出馬できる見通しになった。
この改憲により、プーチンは何回でも出馬することができる。

Wikipediaより抜粋・出典

2022年2月23日

ウクライナの情報セキュリティー当局が、複数の政府機関の公式サイトがサイバー攻撃を受けたとSNSに投稿。

サイバー攻撃を受けたのはウクライナの議会や外務省などの公式サイトで、攻撃は大量のデータを送りつけることでシステムをダウンさせる「DDoS攻撃」だと発表。

DDoS攻撃とは

「DDoS攻撃」は「DoS攻撃」の進化版。

「DoS攻撃」はウェブサイトやサーバーに対して過剰なアクセスやデータを送付するサイバー攻撃で、サーバーやネットワーク機器などに対して大きな負荷がかかり、ウェブサイトへのアクセスができなくなったり、ネットワークの遅延を起こしたりします。比較的簡単に行えることが最大の特徴。

「DDoS攻撃」は「DoS攻撃」よりもさらに膨大なデータが送られてくるようになります。

ウクライナでは2022年2月16日にも国防省などの公式サイトがサイバー攻撃を受けていて、これについてアメリカのホワイトハウスのサイバーセキュリティーの担当者は「ロシアが関与しているとみている」と述べ、警戒感を示す。

その後、ウクライナを取り囲むように集結しているロシア軍の部隊が発覚、それについてウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアが今すぐにでも「欧州で大規模な戦争」を始める可能性があると警告し、全土での非常事態宣言を発令。期間は24日から30日間。

声明を出して、18歳から60歳の市民を対象に兵士の予備役の招集を始めたと発表。任務に当たるのは最長で1年だとしていて、ウクライナ政府は軍事侵攻への備えを一段と強化する。

ウォロディミル・ゼレンスキー

ウォロディミル・ゼレンスキー

1978年1月25日 生まれ 現在44歳

ウクライナの俳優・コメディアン・政治家で、2019年5月から現職の第6代ウクライナ大統領である。

俳優・コメディアン出身の世界でも異色の大統領。

Wikipediaより抜粋・出典

23日夜の演説でゼレンスキー大統領は、ロシアのプーチン大統領との会談を模索したが失敗に終わったと述べる。

2022年2月24日

日本時間 午後12時(ウクライナ現地時間 午前5時)頃、ロシアが軍事作戦に踏み切る。

EU=ヨーロッパ連合がベルギーのブリュッセルで緊急の首脳会議を開催。

書面で欧州理事会の第3代議長であるミシェル大統領は

ロシアの行為は国際法に違反しウクライナの領土の一体性と主権を侵害している。さらにヨーロッパの安全保障の秩序をも脅かしている

と強調し、会議ではロシアへの対応やウクライナへの支援について協議する。

シャルル・ミシェル

ミシェル大統領

1975年12月21日 生まれ 46歳

ベルギーの政治家。2019年12月1日より第3代欧州理事会議長を務めており、現職。
(欧州連合(EU)主要機関の一つである「欧州理事会 通称:EU MAG」は、加盟国の首脳、欧州委員会委員長らをメンバーとし、全体的な政治指針と優先課題を決定するEUの政治的最高意思決定機関)

それ以前はベルギーで首相を務めた。

ベルギー第69代首相 任期 (2014年10月11日 – 2019年10月27日)

Wikipediaより抜粋・出典

その後、ロシアは11の空港を含むウクライナ軍の80以上の施設を攻撃したと発表。

プーチン大統領は

「ほかに選択肢はなかった」

と述べ、軍事侵攻を正当化、あくまでも軍事施設を対象にした攻撃であり、民間人に対する脅威はないと主張する。

2022年2月25日

日本時間の午前11時(ウクライナ現地時間 午前4時)頃、ウクライナの首都キエフで複数の爆発音が聞こえる。

ゼレンスキー大統領は国民に向けて演説し、一連の攻撃でこれまでにウクライナ人137人が死亡し、316人がけがをしていること、また国内にあるチェルノブイリ原子力発電所が激しい戦闘の末、ロシア軍の部隊に占拠された。と明らかにする。

ゼレンスキー大統領は、ロシアによる軍事侵攻を強く非難したうえで、ロシアとの国交の断絶を表明。

その後、ウクライナ軍は、ロシア軍がウクライナの首都キエフ市内に侵入したと発表。市民に対しては家から出ないよう警告する一方、「火炎瓶を作ろう」とも呼び掛ける。

NATOが東欧の加盟国の防衛を強化するために「NATO即応部隊」の一部を派遣することを決めた。

2022年2月26日

欧州連合(EU)アメリカ、および同盟諸国は国際的な決済ネットワークSWIFT(スウィフト)からロシアの特定の銀行を除外することに合意。さらにロシア中央銀行の資産凍結を行われる。

貿易などの送金でも使われるSWIFTからの排除は、実質、世界経済からの退出を意味する。

SWIFT(スウィフト)とは

swift

出典:(C)SWIFT 国際銀行間通信協会

SWIFT(英語: Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication )とは、銀行間の国際金融取引を仲介するベルギーの協同組合であり、この組織によって提供される決済ネットワークシステムの名前のこと。

機能

SWIFTは簡単に言えば世界中の銀行で「メッセージ」を交換する仕組み

資金移動を促進するわけではなく、正しくは支払い命令を送ることだけで、その命令は金融機関同士が持つコルレス口座(海外送金にあたりその通貨の中継地点となる銀行のこと。 日本であれば日本銀行のこと)で決済される。

日本にある三井住友銀行の口座保持者がアメリカにあるゴールドマンサックス銀行のマイケルの口座に送金したいと考えた場合、「ゴールドマンサックス銀行のマイケルの口座に1万ドルを送金する」というメッセージを送信し、SWIFTは「SWIFTNet」と呼ばれるメッセージをやり取りするためのネットワークを通じ、金融機関の間のメッセージ中継を行なう。
そして、このメッセージを受け取った送金指示先の銀行は、当該の口座に指定金額を振り込むことで対応することでやりとりが完了するので、あくまでメッセージを送るだけ

日本を含む200以上の国と地域が相互に接続され、世界中の1万1,000以上の金融機関の間でのやり取りが可能になっている。2022年現在、1日の決済額は約5兆ドルと高額な決済はほとんどこのシステムでやり取りされており、国際取引において重要なネットワークシステム。

2022年4月5日

ウクライナ南東部のマリウポリでロシア軍が虐殺。5000人以上の民間人が死亡。

ロシア・中国メディアは「フェイクニュース」だと報道する。

日本が制裁措置としてロシアベラルーシなどに向けた輸出禁止措置を導入。

各国でも同様の動きが加速する。

2022年4月7日

米連邦議会は、ウクライナに侵攻したロシアに経済制裁を科す法案を新たに可決した。

ロシアの製品に高い関税をかけて輸入を阻止できるよう、貿易上の優遇措置「最恵国待遇」を取り消す内容で、バイデン大統領が署名し成立する。

最恵国待遇」とは、特定の国との貿易を差別しないため、各国に平等に低い関税を適用する制度で、世界貿易機関(WTO)は、各加盟国の間で同待遇を認め合うよう規定している。

米国が最恵国に課している関税は平均2.8%だが、対象外の北朝鮮やキューバは平均30%超で、ロシアも同程度になる可能性がある。

また、議会はロシアからの原油や石油製品の輸入を禁じる法案も可決した。

2022年4月9日

ウクライナの首都キーウにイギリスのボリス・ジョンソン首相が電撃訪問した。

ボリス・ジョンソン

ボリス・ジョンソン

1964年6月19日生まれ 57歳

正式名称はアレグザンダー・ボリス・ド・フェファル・ジョンソン 。

イギリスの第77代首相(在任: 2019年7月24日 – )で、保守党党首、庶民院議員(2期)を務めている。

Wikipediaより抜粋・出典

ゼレンスキー大統領と会談し、イギリスがウクライナに装甲車120台と対艦ミサイルシステムなどを供与すると発表。

ジョンソン首相のウクライナ訪問について英首相官邸は、「連帯の表明」だと説明し、ロシアによる軍事侵攻が始まって以来、主要7カ国(G7)の首脳がキーウを訪れるのは初めて。

ブラックジョークがうまい。

2022年4月13日

ゼレンスキー大統領は、2021年にロシアと通じていたことが発覚し、国家反逆罪で拘束されたウクライナの親ロシア派の野党党首「ビクトル・メドベチェク」氏をロシア側の人間だとして、ロシア側に捕虜として捕まっているウクライナ人の若者との交換を提案した。

ビクトル・メドベチェク氏は、プーチン大統領が娘の名付け親だと公言するほど、プーチン大統領と親しく、ゼレンスキー政権が倒された場合、ロシアの傀儡(かいらい)政権の指導者として名前があがっていた人物だという。

2022年5月9日

ロシア首都モスクワで「対ナチスドイツ戦勝記念日」の式典が行われました。

対ナチスドイツ戦勝記念日」は第二次世界大戦において1945年にナチス・ドイツが降伏し、ソビエト連邦が苛烈な独ソ戦を勝利したことを記念した記念日。

プーチン大統領は演説で

「NATO(北大西洋条約機構)が我が国に近い領土を開発しようとしていて、我々にとって直接的な脅威になっている」

と述べ、NATOを批判し、ウクライナへの軍事侵攻を正当化し戦争継続の意志を見せた。

2022年5月16日

ロシアによるウクライナ軍事侵攻を受け、北欧のフィンランドとスウェーデンがNATOに加盟申請することを正式に発表。

マクドナルドがロシア国内約850店舗の営業を停止し、ウクライナ侵攻を続けるロシアから完全撤退を発表。30年を超える営業期間を経てロシアから完全に姿を消すことになる予定。

2022年6月12日

マクドナルド社がロシア実業家アレクサンドル・ゴヴォル氏に、800以上の店舗を売却完了。

マクドナルドの店舗を利用してブランドだけを変更した、ロシア資本の新しいハンバーガーチェーンは「フクースナ・イ・トーチカ」(おいしい、それだけ)という名称になり営業を開始した。

ウクライナとロシアの『軍事力』比較

世界各国の軍事力レベルを分析し、発表しているアメリカの軍事情報サイト

グローバル・ファイアーパワー(Global Firepower=GFP)2022年」で比較しています。

全140ヵ国。

ロシア 総合軍事力 第2位

140ヵ国中第2位と圧倒的軍事力を持つロシア

国連加盟国
北大西洋条約機構(NATO)非加盟国
核保有国

※北大西洋条約機構(NATO)とは

北大西洋条約機構(NATO:North Atlantic Treaty Organization)は「集団防衛」、「危機管理」及び「協調的安全保障」の三つを中核的任務としており、加盟国の領土及び国民を防衛することが最大の責務です。

アメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、日本など現在30か国が加盟しています。

外務省より引用


ロシア連邦軍は、陸軍、航空宇宙軍(諸外国の空軍に相当)、海軍の3つの軍種と、戦略ロケット軍、空挺軍の2つの独立兵科から成る。

あの世界最強国家アメリカと冷戦を繰り広げるなど、対等に戦争できる実力を保有する軍事国家。

PwrIndx(パワーインデックス)スコア(総合軍事力)0.0501第2位
総人口142,320,790  人(約1億4200万人)第9位
有効な人員(働ける人員)69,737,187 人(約7000万人)第9位
アクティブな人員(戦争にすぐ投入できる人員)850,000   人(約85万人) 第5位
国防予算154,000,000,000 ドル(約18兆円)第3位
総航空機4173第2位
総戦車力12,420第1位
総艦艇力605第2位
空母1第3位

ウクライナ 総合軍事力 第22位

140ヵ国中第22位とそこそこの軍事力を持つウクライナ

国連加盟国
北大西洋条約機構(NATO)非加盟国 ※加盟する手続きをしていた。
非核保有国

以前はロシアに次ぐ第3位の核保有国だったが、非核化宣言を行い、非核保有国となってからは、軍縮も進み弱体化する。

PwrIndx(パワーインデックス)スコア(総合軍事力)0.3266第22位
総人口43,745,640  人(約4400万人)第34位
有効な人員(働ける人員)22,310,276 人(約2200万人)第29位
アクティブな人員(戦争にすぐ投入できる人員)200,000   人(約20万人) 第20位
国防予算11,870,000,000 ドル(約1兆3700億円)第20位
総航空機318第31位
総戦車力2,596第13位
総艦艇力38第53位
空母0第140位

参照 
グローバル・ファイアーパワー(Global Firepower=GFP)2022年」比較元サイト

この表から見ても圧倒的な実力差が浮き彫りに・・・。

ちなみに日本は

日本 総合軍事力 第5位

140ヵ国中第5位と上位の強国として認定されています。

国連加盟国
北大西洋条約機構(NATO)加盟国
非核保有国

陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊の3部隊から構成され、最高指揮官たる内閣総理大臣および隊務統括を担う防衛大臣による文民統制(シビリアン・コントロール)の下、防衛省によって管理される。

PwrIndx(パワーインデックス)スコア(総合軍事力)0.1195第5位
総人口124,687293  人(約1億2500万人)第11位
有効な人員(働ける人員)53,615,536 人(約5400万人)第11位
アクティブな人員(戦争にすぐ投入できる人員)240,000   人(約24万人) 第17位
国防予算47,482,740,000 ドル(約5兆4000億円)第7位
総航空機1449第6位
総戦車力1,004第22位
総艦艇力155第19位
空母0第140位

海外のコメント

「眠れる巨人は起こさないのが一番、日本と戦争を起こした国は、悲惨な目に直面することになる。」

「奴らはスペシャルさ・・・」

「日本は中国、ロシア、アメリカの三大大国と戦争したことがある、非常に稀有な国だからね」

「”小さな島国の、小さな人間がだ。”10年で国を根こそぎひっくり返し、20年で中国と戦争し、40年でロシアと戦争し、80年で太平洋全域で戦争し、コテンパンンにのされたのに、世界第2位の経済大国になり、アメリカの横っ面を、札束でひっぱたきそうになった。」

「開国して、たかだが30年くらいで、清、ロシアと戦い、50年で世界と戦った。
アメリカにやられたが、経済でアメリカに追いつこうとした。こんなキチガイみたいな民族が、世界にいるか?」

使用された兵器

FGM-148 ジャベリン

FGM-148 ジャベリン(英語: FGM-148 Javelin)は、アメリカ合衆国でドラゴン対戦車ミサイルの後継として開発された歩兵携行式多目的ミサイル。

三脚で地上設置して使った場合は最大有効射程4000m、歩兵が携帯する場合の射程は2500m。
目標をロックオンすると熱線画像イメージ(熱を発する物体を画像化する)をミサイルが記憶し自動追尾しながら目標物に攻撃できる。

車の装甲が比較的薄く弱点である上方を狙い撃ちできる「トップアタック機能」があり、ロシア陸軍の戦車・装甲車等の戦闘車両に対して効果を発揮したことから、ウクライナではロシアへの抵抗の象徴として「聖ジャベリン」、「守護天使」とも呼ばれている。

FIM-92 スティンガー

FIM-92 スティンガー(FIM-92 Stinger)は、携帯式防空ミサイルシステム。
アメリカのジェネラル・ダイナミクス社が1972年から開発に着手し1981年に採用された。「スティンガー」は、英語で「毒針」の意味。
日本の自衛隊も 1983年度から配備している。

射程 4000m,速度マッハ 2.2,全長 1.4m,直径 7cm,重量 10kg,肩上重量 15.2kg,赤外線誘導方式。弾頭は着発信管式破砕弾頭 3kg。

低空を比較的低速で飛行するヘリコプター、対地攻撃機、COIN機などであるが、低空飛行中の戦闘機、輸送機、巡航ミサイルなどにも対応できるよう設計されている。このため、誘導方式には高性能な赤外線・紫外線シーカーが採用され、これによって目標熱源追尾能力(発射後の操作が不要な能力)を得ている。

スイッチブレード(自爆型ドローン)

スイッチブレード(英: Switchblade)は、エアロヴァイロンメント社が開発した自爆突入型無人航空機
英語で「飛び出しナイフ」という意味。

全長約61cm、重量2.7kgと歩兵1名が背負って運べるほどのコンパクトな兵器で、電気モーターを動力とし、約10分間滞空することができる。

迫撃砲の様な筒状の発射機から発射され、発射された機体は折り畳まれていた翼を展開して固定翼機の様な形態で飛行し、コントローラーで遠隔操作を行う。

スイッチブレードの機首部分に搭載された高性能カメラから送られた映像と赤外線センサーで偵察が可能で、 偵察映像で攻撃目標を確認して、指令を送り敵に向かって自爆する。

攻撃にAI等は介入せず、攻撃の判断は全て人間が行う兵器。

スターリンク

スターリンク (Starlink)は、アメリカ合衆国の民間企業「スペースX社」が開発を進めている衛星インターネットアクセス計画。

※2022年現在)2500基を超える小型衛星と地上の専用送受信機とをつなぎ、軍用や、科学・探検などの用途にインフラのない全世界の地域にネットが使用できる仕組み。最大で200Mbps出るという通信速度らしく(一般的に、ストレスなく通信できるのは10Mbps(スマホは5Mbps)~30Mbps程度)、使用すれば、地球上のどこでも普通にインターネットが可能とのこと。

仮に宇宙にある小型衛星が何基か破壊されたとしても他の全ての小型衛星でカバーが可能で、大量生産のため補充もでき通信妨害することが困難。
妨害電波を出したとしても、地球は広大なので、事実上、通信を遮断することは不可能とされている。

将来的には人工衛星を増加させ、地球上のどこでもネットを使用できるようにする計画で、10年におよぶ計画の総コストは、設計・製造・打ち上げなど100億ドル近くに達すると推計される。

スペースX社のCEO「イーロン・マスク」氏がウクライナに提供し、ウクライナ軍の通信に多いに貢献、特に通信を必要とするドローン活動に非常に効果を発揮した。

ウクライナ 分断と対立を生んだロシアとの根深い歴史

動画時間は長いですが、分かりやすく詳しい解説の動画です。
(オリラジのあっちゃんの解説)

【ウクライナ・ロシア情勢①】世界の紛争最前線をわかりやすく解説!

【ウクライナ・ロシア情勢②】ウクライナの思惑とアメリカはどう動くのか?

【ウクライナとロシアの関係史①】歴史的背景から見たウクライナ侵略

【ウクライナとロシアの関係史②】世界大戦とソ連に翻弄されるウクライナ

ロシアのウクライナ侵略やプーチンの戦略について

【ロシアのウクライナ侵攻①】NATOが動かない理由と、プーチンの恐るべき戦略

【ロシアのウクライナ侵略②】ウクライナはどうなるか?そして、日本は大丈夫なのか?

【プーチン①】ロシアのウクライナ侵略はプーチンの錯乱か?長期計画か?

【プーチン②】独裁国家の皇帝たちvs世界の警察官をやめたアメリカ

流行速報の声

流行速報
流行速報

ついに戦争がはじまりましたね。

まさかこの時代に起きるとは・・・

日本も北方領土に、この戦争によってロシアが侵略してこないとも言い切れません。
一番恐ろしいのはロシアに影響されて中国が侵略してくることですね。

第三次世界大戦になるのでしょうか・・

コメント